安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

海外FX業者

XM(エックスエム)のメリット・評判口コミ・スペック

更新日:

XMは当サイトが一番おすすめする海外FX業者です。

・最大レバレッジ888倍
・追証なしのゼロカット方式採用
・気前の良すぎるボーナス(口座開設時、入金時、etc.)
・日本語でのサポートが充実

以上を例に文句無しの待遇となっており、実際にこの業者を利用している日本人トレーダーはかなり多いです。

そんなXMの情報を超詳しく解説していきます。

XMの口座開設はこちらから

XMの各種機能について

それではまずはXMの各特長を紹介していきます。
優れた安全性やサポート、約定力などユーザビリティは海外FX業者随一の高さとなっています。

ゼロカットシステム採用で追証なし!レバレッジは最大888倍まで調整可能

XMはもはや誰もが知るほどのハイレバレッジを誇っています。
最大888倍までレバレッジが設定可能で、小さな資金でも十分大きな利益を狙えます。
また、ハイレバレッジが必要ないという場合でも、レバレッジを落としたトレードももちろん可能です。

さらに、XMはゼロカット方式を採用しているため追証は発生しません。
追証とは入金している証拠金以上の損失が出た場合に追加で支払いを求められるというもので、ゼロカット方式はこの追証負担を一切せずに済む方式です。

要するに借金を海外業者が肩代わりしてくれるんですね。
よって、思わぬ大変動によって甚大な損失が出た場合でも、入金している以上のお金を取られることはありません。
預けたお金がゼロになるだけです。

これにより、ハイレバトレードで上限なしのリターンに対し、リスクは証拠金のみという非常に効率的なトレードを行うことができます。

断トツの安全性・信頼性は最大手の証

信頼性の高さは他の業者と比べて群を抜いており、運営元の『TradingPoint』はキプロス証券取引委員会から許可を受けているEUの正規ブローカーで、非常に審査が厳しいと言われている英国FSAライセンスも取得しています。

英国FSAをはじめ、各国ライセンスを保有する断トツの安全性・信頼性

そもそも、金融ライセンスを持っていない、もしくは各国の当局に届け出がないFXブローカーは、絶対に選んではいけません。
なぜなら、出金拒否や投資家の資金持ち逃げのリスクがあるためです。

無届の業者がはびこる中、XMはヨーロッパの中でも特別審査が厳しい英国の金融庁、金融サービス機構(Financial Services Agency; FSA)の認可を得ている、安全性が非常に高い海外FXブローカーです。

英国以外にもドイツ、フィンランド、オランダなど多数の国々でも認可を受けており、他の業者に比べて圧倒的な信頼性があり、海外FXブローカー大手の地位を築いています。
XMのライセンス保持国はこちらのXM公式HPを参照して下さい。

預けたお金は完全分別管理!信託保全2万ユーロ(約250万)保証

XMは英国FSAのライセンスを持つほどの優良業者です。

信託保全といって、会社の資金と顧客の投資資金は完全に分別管理されています。
そのため、業者による顧客資産の持ち逃げリスクや資金流用リスクを回避することができるのです。

XMが万一破たんした場合でも、1人当たり20,000ユーロ(約260万円)の信託保全が用意されており、証拠金だけは守られます。
記憶に新しいあの歴史的大事件、スイスショック時のXMの対応をご覧ください。

サッカープレミアリーグのウエストハムユナイテッドのスポンサーを受け持つほどの大業者である「Alpari UK」を筆頭に多くのFX業者が破綻するほどの歴史的大荒れ相場であったスイスショックですら、XMにとっては「取るに足らないもの」。
予期せぬ事態に備えて万全の対策をしているXMだからこそ言える発言です。

以上からわかるように、XMでは仮に大損して証拠金が大幅にマイナスになろうと、どんな事態でもしっかりとゼロカットを執行してくれる安全性抜群の優良業者と言えます。
海外FX業者の信託保全額ランキングへ

XMの口座タイプは3種類!それぞれをスプレッドなどの特徴から徹底比較解説

XMには3種類の口座のタイプがあり、それぞれで特徴が大きく異なります。
ここではそれらを解説していくので、自分に合ったタイプの口座を見つけましょう。

用意されているのは

マイクロ口座
スタンダード口座
XM Zero口座

の3タイプです。

どれを選べば良いのか迷ってしまいそうですが、
各タイプごとに特徴があるので、それらを比較していきます。

口座タイプ
マイクロ
スタンダード
XM Zero
1lotの単位
1,000
100,000
100,000
最大レバレッジ
888倍
888倍
500倍
スプレッド目安
1pips~
1pips~
0pips~+手数料
通貨ペア数
59種
59種
56種
CFD取引
42種
42種
×
貴金属取引
5種
5種
2種
最小取引サイズ
0.01lot(10通貨)
0.01lot(1000通貨)
0.01lot(1000通貨)
最大取引サイズ
100lot
50lot
50lot
最低入金額
5$
5$
100$
各種ボーナス
×
注文方式
STP方式
STP方式
ECN方式
最大レバレッジ比較

マイクロ口座・スタンダード口座は888倍、Zero口座は500倍となっています。
いずれも海外FXならではのハイレバレッジでの取引が可能で、特にマイクロ口座・スタンダード口座は888倍と全海外FX業者の中でも超ハイレバで取引が行えます。

もちろん全口座ゼロカットシステム搭載により、仮に大負けしてもリスクは証拠金額分のみなので、ローリスク超ハイリターンな手法でトレードできます。

スプレッド&手数料比較

マイクロ口座・スタンダード口座は1pips~のスプレッドで取引ができます。

対してXM Zero口座は0pips~となっており、一見こちらの方が圧倒的に有利に思われますが、実は詳しくは後述するようにZero口座は注文方式がECNであるため、この極狭スプレッドに別途定額の手数料が取引毎に掛かります。

この「極狭スプレッド+手数料」の合計は、マイクロ口座・スタンダード口座におけるスプレッドのみによる経費と比較して大差ないため、経費に関してはいずれの口座もどっこいどっこいと言えます。

通貨ペア数比較

いずれの口座も十分に豊富なペア数を誇っていて、メジャー通貨ペアはもちろんのことかなりマイナーな組み合わせまで取引できます。

ただしマイナー過ぎる組み合わせには注意です。
中には驚くほど広いスプレッドが設定されているものもありますので、必ず実際に取引する前には確認が必要です。

安心して取り扱えるのはやはりドル円、ユーロドル、ユーロ円といったメジャー通貨でしょう。
豪ドル円やNZドル円なども比較的利用しやすくなっています。

レバレッジが高い分スプレッドの影響も非常に大きくなっていますから、あまりにもスプレッドが広い通貨ペアを選んであっという間にロスカットなんてことにもなりかねないので気をつけましょう。

また通貨以外にも貴金属取引、マイクロ口座とスタンダード口座ではCFD取引も行えます。

最小取引サイズ比較

各口座とも1000通貨~取引が可能ですので、まずは少額で始めたい初心者でも十分に運用できる設定となっています。

マイクロ口座に至ってはマイクロというだけあってなんと他では見られない10通貨からの取引が可能となっています。
リアルマネーで練習したいけど損失はできるだけ抑えたい…なんて方にうってつけの口座と言えます。

最大取引サイズ比較

マイクロ口座は最大100lot(10万通貨)、スタンダード口座とXM Zero口座では最大50lot(500万通貨)まで取引可能です。

前述の通りかなりの高レバレッジですので、10万通貨以上の取引くらいはそれなりの証拠金だけでできてしまいますから、ハイレバトレードを堪能したい方はスタンダード口座かXM Zeroの2択になります。

最低入金額比較

取引を行うための最低入金額はマイクロ口座・スタンダード口座が5$~、XM Zero口座が100$~となっています。

この3つで比べると確かにXM Zero口座は敷居が高く感じますが、他の業者と比べれば中には1000$~の業者もありますから、100$は決して高い金額ではないです。

また、後述する入金ボーナスにより開始時から3000円が無料で入金されますので、マイクロ口座・スタンダード口座では実質最低入金額は0と考えて差し支えありません。

ボーナスについて

XMと言えばボーナスというほどボーナスが豊富で、ここをおすすめしたい理由の中でもかなり上位にあるものがこのボーナスでもあります。

ボーナスにはいくつか種類があり、後ほど詳しく解説していますが、共通しているのは無償で仮想マネーを証拠金として利用できること。
口座開設時、入金時等に額に応じて追加の証拠金がボーナスとして付与されるので、トレード時に非常に有利になること請け合いです。

ボーナスに関しては後ほどさらに詳しく解説しますのでそちらも参考にしてください。

このお得なボーナスをXM Zero口座だけはいずれも受けることができません
ボーナスを活用するのであれば、マイクロ口座かスタンダード口座のいずれかを開設することになります。

注文方式について

STP方式もECN方式もNDD

まず国内業者に多い注文方式としてDD方式というものがあります。
これはインターバンクと顧客の間にFX業者が完全に割って入ってきてしまう注文方式です。

このDD方式の致命的なポイントは「顧客の利益とFX業者の利益は反相関」であることで、つまり顧客が得をすれば業者が損をし、顧客が損をすれば業者が得をするという具合です。
理由は「FXトレーダーの9割が負けている」という事実によります。
全トレーダーのポジションと逆のポジションを常に置いておけば、9割のトレーダーが負けてくれますから、業者にとってはそれ自体が必ず莫大な利益になるという仕組みです。
なので業者は顧客に損させるためにストップロス狩り、約定拒否、スプレッド変更など、あらゆるセコイ手を使ってくるのです。

反対にインターバンクと顧客の間にFX業者が仲介しない注文方式をNDDと呼びます。
この方式では顧客のポジションをヘッジできないため、顧客の損失が業者の利益には直結せず業者はスプレッドや手数料などまっとうな手段でしか利益を上げられません。
むしろスプレッドを徴収できる顧客のトレード回数が増えれば増えるほど利益になるわけですから、顧客には勝って良い気分になってもらってたくさんトレードしてもらうのが業者にとっても一番お得なんです。
ですからNDD方式の業者はクリーンで、顧客を満足させるようなサービスがとても充実しています。
XMではいずれの口座もNDD方式なのでこの点は非常に優秀で、各種ボーナスなどの素晴らしいサービスや約定率100%且つ超速約定を誇る圧倒的約定力にも繋がっているんです。

STP方式もECN方式の違いは?

両者ともNDD方式であって、国内業者全般のDD方式ではなし得ないクリーンさやユーザビリティの高さを兼ね備えている点は前述の通りですが、ではSTPとECNの違いは一体何なのかというのを解説します。

まずECN方式は別のトレーダーとのマッチング形式で取引が行われます。
例えば10万通貨を買いたいとき、世界のどこかには10万通貨を売りたい人が必ずいますから、その人と通貨を交換するだけで両者が希望通りの取引が成立することになります。

そしてやはりここに業者は深入りしてこず、マッチング相手を探すお手伝いをしてくれるだけです。
ECNでは業者は関与してこないのでスプレッドが非常に狭く設定されていて、代わりにマッチングのお手伝い料として定額の手数料が別途必要になるという仕組みです。

一方STP方式は、実は厳密にいうと業者がインターバンクと顧客の間に入って一度注文を吸収しています。
ただしこの作業は完全に電子化されており、負けているトレーダーにのみ注文をヘッジしたり、レートを操作したり約定拒否したりといった操作は一切行われず、ただ単に機械的にインターバンクへ注文を垂れ流すのみです。
STP(Straight Through Processing)という名前はまさにそうした役割を示しています。

このSTP方式は機械的とはいえ一度注文を吸収しているため、業者はインターバンクのレートにスプレッドを上乗せすることができるので、ECNとは異なり他の多くの業者同様スプレッドによって利益を得ます。

以上よりECNもSTPもどちらもクリーンで信頼できるシステムと言え、下手な干渉が入らないので約定力もスピードもNDDの業者とは格が違います。
これらの間で顧客側が受ける大きな違いというと取引費用の掛かり方くらいで、ECNは「極低スプレッド+手数料」、STPは通常通りのスプレッドが掛かってきます。

XMではこれらの費用の合計は大差ないため、注文方式の面ではいずれを選んでも良いです。

結局どの口座がおすすめか

まずマイクロ口座とスタンダード口座はほとんど同じで、その名の通り取引可能な通貨数の違いくらいしかありません。

試験的にリアルマネーを少額で運用してみたい、MT4のEAなどのツールを実際に少額で利用してみたいという方には、XMのマイクロ口座ほど適した口座はないです。
ただしそうでなければ、XMでは非常にハイレバレッジで取引できるためマイクロ口座の上限である10万通貨は比較的容易に超えてしまいますから、スタンダード口座の下限である1000通貨以下で取引したい場合を除いてマイクロ口座を選ぶメリットが特にないため、実質スタンダード口座かXM Zero口座の二択ということになります。

ここで両者の大きな違いをもう一度整理していましょう。

口座名
スタンダード口座
XM Zero口座
レバレッジ
888倍
500倍
スプレッド目安
1pips~
0pips~+手数料
各種ボーナス
×
注文方式
STP方式
ECN方式

XM Zero口座はスプレッドが0pips~であるためその極狭スプレッドを前面に押し出していますが、それとは別に別途手数料が掛かってくるので、実質経費の総額はその他の口座と比較しても大して大きな差はありません。

そしてECNは非常に大きな魅力ではあるものの、STPと比較すると両者ともNDDで取引経費に大きな差はないですし、ECNでトレードしたいのならそれに特化した「cTrader」と呼ばれるMT4の代わりとなるプラットフォームがありますので、そちらを利用できる業者を使うのがおすすめです。
cTraderについての詳しい解説と対応のおすすめ業者はこちら

これまでも何度か述べてきましたが、当サイトがXMを強くおすすめする主な根拠としてやはりボーナスがあります。
口座開設するだけでボーナスが付いて未入金でもトレードが開始出来たり、入金する毎に入金額の何割かのボーナスが付いて証拠金が大幅に上乗せされたりします。
他の業者では受けることができない非常に大きな恩恵です。

ですので、XMのメリットを最大限生かすなら当サイトではスタンダード口座をおすすめします
レバレッジもより高いですしね。
少額運用を希望の方はマイクロ口座をご利用ください。

リクオートなし、100%の約定力!

前にも述べたように、XMではいずれの口座タイプでもNDDの注文方式を採用しています。
このタイプでは業者が顧客の取引を干渉してもそもそも一切の利益にはならない仕組みですから、業者としても顧客の注文を遅延させたり拒否したりするメリットが一切なく、むしろ評判を落とすだけです。
そういった理由でここXMでは100%成立、且つ超スピードの圧倒的約定力が可能になっているのです。

日本語サポートは万全!専属日本人スタッフが常駐

XMは海外のFX業者の中でも、とりわけ日本語でのサポートが充実しています。
メールや電話、急用の際はライブチャットなど、様々なサポートを日本人オペレーターが日本語で対応してくれます。

海外業者を利用する上で、顧客サポートはかなり重要なポイントです。
何か疑問が生じた際、日本語で迅速に対応してくれるのはとても心強いです。

世界中のFX業者において、24時間日本語サポートを常時実施しているのは、現在のところXMだけです。

こういった点も、当サイトがXMをおすすめする理由の一つです。
非常に日本人の顧客を重要視している優良な業者です。

各種お問い合わせフォーム

XM.COMサポートページ URL : https://www.xm.com/jp/support

日本語ライブチャット 平日/日本時間9:00~21:00まで
日本人スタッフが対応しています。
英語では24時間対応しています。

メールサポート japanese.support@xm.com 平日/24時間
日本人スタッフが対応しています。

コールバックサポート 平日/24時間
日本人スタッフからのコールバックになります。
コールバックを希望される場合は、電話番号と希望時間をライブチャットかメールにてお知らせください。

入出金方法が多様!手数料無料のものも

実際に海外FX業者を利用する際、まず気になるのが入出金についてです。
国内の業者に比べるとかなり手続きに手間がかかりそうなイメージがありますが、実際のところはどう
なのでしょう。

3つの主な入出金方法

実は、海外業者の中でもXMの入出金は難しくありません。
用意されている主な方法は3つで、

・クレジットカード
・銀行送金
・電子マネー(Netellerなど)

に大きく分けられます。
それぞれの方法について以下で解説していきます。

クレジットカード

クレジットカードによる入金は、即時反映、手数料無料というメリットがあります。
万が一、証拠金が夜中に足りなくなってしまった場合なども安心です。
夜の時間帯は日本人とって最もトレードに適した時間なので、リアルタイムですぐに反映されるのはとてもありがたいですね。

クレジットカードを利用するのが不安な方はXMデビットカードも発行できるので、そちらを利用するのもおすすめです。

そしてクレジットカードによる出金は手数料は無料であるものの、いくらか注意点がございます。
まずは、クレジットカードでの出金の際はXMだけでなくクレジットカード会社も手続きに携わるため、出金申請から反映までに3~5日程度かかります。

そして一番気を付けなければならないのが、クレジットカードでは最初に入金した金額分しか出金できないという点です。
つまり、トレードで稼いだ利益分は出金できないのです。

例えば、クレジットカードで10万円を入金して、その後トレードを重ねることで口座の資金が20万円になったとします。
しかし、そうなった場合出金できるのは、最初にクレジットカードで入金した10万円までです。
残りの10万円分は以下で解説する別の方法で出金する必要があります。
これは絶対原則として覚えておく必要があります。

銀行送金

銀行からの振込入金も可能です。
しかし入金の確認が3営業日ほどかかってしまいます。
そうなると、急に証拠金が不足してしまった際に即効性がなくかなり不便です。

また、円以外の外貨で入金の場合、銀行の為替レートによる両替や為替手数料などもかかってしまうので、クレジットカードを利用した方法と比較すると何かと面倒な点が多いです。

これは出金の際にも言えることで、銀行口座経由の出金には別途手数料がかかり、さらに出金申請から反映までに1週間程度かかってしまいます。

電子マネー(Netellerなど)

最後に紹介するのは電子マネーを用いた入出金方法についてです。
有名なのはNetellerなどですね。
現状、一番使い勝手がいいのがこの電子マネー経由の方法です。

入金に関してはクレジットカードと同様に即時反映、手数料無料というメリットがあります。

問題は出金時ですが、クレジットカード利用時には何かと面倒だった出金も、電子マネーを利用すると出金時と同じように非常に手軽に引き出すことができます。

電子マネーはいわばネット上にある自分の口座みたいなもので、入出金の手続きにおいて他の業者の参与が不要なため、申請をXM側が受け付け次第早ければ即日反映されます。

手数料もかからず、クレジットカードのように入金額分しか出金できないなんてこともありません。
10万円入金して20万円まで証拠金が増えれば、20万円即座に出金可能なのが唯一電子マネーなのです。

まとめると、
電子マネー>クレジットカード>銀行送金
といった感じのおすすめ順となります。

ただし前述の通りクレジットカードでの出金は入金額分しか引き出せないため、それ以上の利益を上げた場合は結局電子マネーもしくは銀行送金での出金が必要になるのでご注意ください。

XMのMT4はCFDの売買も可能!

XMが提供するチャートソフトMT4では、CFDの取引も可能です。
株や金、原油などの商品もMT4という一つのプラットフォーム上で同時に取引することができるんですね。

為替市場はその時々によりメインとなるテーマが決まっていて、それに沿って動いていくことが多々あります。
たとえばある時期は株価に連動して動き、またある時は金や原油などの資源に連動して動いたりと、はっきりと相関性を持つ場合があります。こういった時、それらのチャートを一つの画面上で逐一確認しながら取引ができるのは大変便利です。

ちなみにCFDも為替と同様、ハイレバレッジでの取引が可能です。

また証拠金に関しても別に用意する必要は無く、同一の口座で一括管理できるのもポイントです。資金を移動する必要がないのはとてもありがたいですね。

CFD取引方法

MT4の左画面にある「気配値表示」の上で右クリックします。するとメニューいくつか表示されるので、「全通貨ペアを表示」をクリックします。
続いて「ファイル」→「新規チャート」を開きます。
すると「CFD」という項目が表示されるので、この中からお好きな商品を選択してください。
これだけです。

チャートを表示させた後は、チャート上のいずれかで右クリックすれば新規注文が可能となります。

XMはボーナス充実度No.1!有効利用する方法とは?

そもそもボーナスとは一言でいうと「証拠金に追加される仮想マネー」のことです。
XMには口座開設ボーナスや入金ボーナスなど様々なボーナスの形態がありますが、受け取りの形態の差こそあれどれも根本的には同じです。

これを受け取ると、単純に証拠金が増えます。
しかもその額が非常に大きく、特に入金ボーナスは入金額に対して割合で貰えますから、多く入金した分たくさんもらえます。

他にもボーナス付与のシステムを取り入れている海外FX業者は有りますが、XMほど大きな金額を受け取れるところはなく、それがXMが全世界でトップの知名度と信頼を勝ち取っている何よりの根拠なのです。

そんな超お得なXMのボーナスについて詳しく解説していきましょう。

口座開設ボーナスについて

XMでは口座開設時に3000円のボーナスが付与されます。
これは証拠金を初めて入金したタイミングでではなく、口座を開設したタイミングでです。

マイクロ口座・スタンダード口座では取引開始に必要な初回証拠金額が5$ですから、ボーナスを利用すれば一切の入金無しでいきなりトレードを開始できるわけです。
まさにノーリスクでトレードができるわけですから素晴らしいサービスですね。

ただしいくつか注意点があるのでご確認ください。

口座開設後、簡単な申請が必要
…口座開設した瞬間に自動で付与されるわけではなく、別途申請が必要なのでご注意ください。
あっという間に終わるものなのなので申請が必要だということだけ覚えておいてください。

口座開設後30日以内に申請しないと権利が無効になる
…せっかく口座開設と同時にボーナスの権利があるのに受け取らないのはもったいなすぎるので、必ず覚えておいてください。

ボーナス単体の出金は不可
…付与されるボーナスはあくまで「仮想マネー」ですから、これによって通常のトレードは行えますがこれを直接出金することはできません。
例えば3000円のボーナスをトレードで4000円まで増やしたとして、増やした分の1000円は出金できるものの3000円は仮想マネーなので出金できないということです。

入金ボーナスについて

続いてXM一番の目玉と言っていいでしょう、入金ボーナスについて解説していきます。
果たしてどのくらいの入金に対してどのくらいのボーナスが受け取れるのか、まずは以下の表をご覧ください。

入金額
ボーナス率
ボーナス額
合計証拠金額
$10
$10に対して100%
$10
$20
$500
$500に対して100%
$500
$1000
$5000
$500に対して100%+$4500に対して20%
$500+$900=$1400
$6400
$10000
$500に対して100%+$9500に対して20%
$500+$1900=$2400
$12400

このように、$500(約5万円)までの入金額であればそれに対してなんと100%の入金ボーナスが付与され、それ以上の額に対しては無制限で20%のボーナスが付与されます。

これを見れば一瞬でとんでもない額だとわかりますね、これがXMが全世界で最も支持されている所以です。
ただし注意点として口座開設ボーナス同様ボーナスは仮想通貨なので現金として引き出すことはできないのと、口座タイプ解説でも述べましたがXM Zero口座ではボーナスを受け取ることはできないのでご注意ください。

また、例えば2015年11月~12月末までなど、なんと100%入金ボーナスが受け取れるキャンペーンがゲリラ的に実施されます。
業者が破産しないかむしろ不安になるほど気前の良すぎるサービスですが、不定期なのでキャンペーン時に即参戦できるよう予め口座開設をしておいて準備しておくと良いです。
そしてボーナスキャンペーンはこまめにチェックしておきましょう。

XMの口座開設方法

1 個人情報記入
2 住所情報や連絡先などの詳細情報入力
3 取引口座詳細・投資家情報入力
4 規約確認・メール確認
5 口座の有効化
6 本人確認書類を提出
7 取引口座詳細・投資家情報などを入力

《個人情報の入力》

【敬称】

敬称、つまり性別を選択する部分です。男性なら『氏』、女性であれば『婦』を選択してください。

【名・姓】

ローマ字で氏名を入力します。頭文字は大文字にしましょう。

【居住国】

『Japan』を選択します。居住国を選択することが多いので、日本人でも海外在住であればその居住国
を選択します。

【都道府県・市】

現在お住みの都道府県・市を入力します。
ex.東京都新宿区在住→Tokyo Shinjuku-ku

【電話番号】

『+81』の後に通常の電話番号の最初の『0』を取って記載します。

ex.
携帯電話の場合(080) +818012345678
固定電話の場合(03) +8131234567

【Eメールアドレス】

連絡のつきやすいメールアドレスを入力しましょう。
緊急時の連絡などもスムーズに行えます。

全て記入し終わったら『ステップ2へ進む』をクリックします。

《住所情報や連絡先などの詳細情報入力》

【区町村・町名・番地・マンション/アパート部屋番号】

ex.(東京都)新宿区西新宿1-2-3 ABCマンション101号室
→nishishinjuku 1-2-3, ABCmanshon #101

【他の電話】

無ければ空白で構いません。

《取引口座詳細・投資家情報入力》

【口座タイプ】

基本はスタンダード口座がおすすめです。ただし、スタンダード口座は最少取引枚数が1000通貨なの
で、もっと少ない枚数で取引したい方はマイクロ口座で開設しましょう。

FXの取引経験が多少ある方はスタンダード、初心者はマイクロ口座を選ぶと良いでしょう。

【投資額】

初回で投入する予定の金額を記入します。

【口座の基本通貨】

特別な理由が無い限り、手数料が無駄にかからないJPYがオススメです。

【レバレッジ】

最大888倍まで選択できます。
ここは後ほどでも変更可能です。

《規約確認・メール確認》

【口座パスワード】

任意の口座パスワードを決めてください。
こちらは後ほど口座へのログイン時に必要なので必ず覚えておくように。

なるべく推測されにくい文字列が良いでしょう。
規約を確認した後、『リアル口座開設』のボタンをクリックし終了です。

すると先ほど記入したメールアドレス宛てにメールが届くので、そちらを開封します。

青枠で囲んだ部分、『Eメールアドレスをご確認下さい。』をクリックしてください。

上のような画面が表示されれば口座開設は無事完了です。

記載されている『MT4 ID』と先の部分で決めていただいた『口座パスワード』を入力し、右下のログイ
ンへと進みます。

《口座の有効化(本人確認書類を提出)》

最後に本人確認書類を提出し、口座の有効化を図ります。
こちらは実際の入出金をするために必要なプロセスなので忘れずに行いましょう。

画面上の『書類のアップロード』か『今すぐ口座を有効化する』のどちらかをクリックします。

上記アップロード画面から、身分証明書・住所確認書の2点をアップロードします。

身分証明書・・・運転免許証、パスポート、写真付住民台帳、外国人登録証/在留カードのうち一点

住所確認書・・・住民票、料金明細書/請求書(クレジットカード、電気・ガス・水道などの公共料金、電話料金明細、印鑑証明書、納税関係書類のうち一点(発行後3ヶ月以内のもの)

本人確認が済み次第、口座が正式に有効化され、
口座開設ボーナスである3000円が自動的に付与されます。

有効化までの目安は、本人確認書類の提出から1営業日~3営業日です。

以上で口座開設手続きは終了となります。



-海外FX業者

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.