安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

海外FXコラム

ICEのドルインデックス構成割合と動きを知り、ドルの総合的な強弱を把握する

投稿日:

ICEのドルインデックスとその構成比

米国の利上げがいよいよ今年後半に近づき、ドル主導の為替相場の展開が強くなってきていることからFX取引においてもドルインデックッスにも注目が集まるようになってきています。

このドルインデックスとは、特定の通貨との関係ではなく、総合的なドルの価値を示したものです。

ドルインデックスはその名のとおりドルを主体として指標で、計算にあたっては複数の主要通貨内でのドルの価値を、貿易規模などを加味して計算されています。

このドルインデックスには同じ名称でも取りまとめている機関が異なる3つほどのバリエーションがあります。
通常はインターコンチネンタル取引所(ICE)が出している指数がもっとも普及しています。

その他にもアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)や国際決済銀行(BIS)、大手銀行など、色々な組織が同様の名前でこの指数を算出しています。

それぞれ指標は結構異なるものになりますが、まず大きな理由として、
対象となっている通貨数が異なることがあげられます。

通常利用されているICEのドルインデックスが対象としている通貨数が6に対し、
FRBは26の通貨を対象としているころが大きく異なる部分なのです。

ICEの6つの通貨の構成は、ユーロ57.6%、日本円13.6%、英ポンド11.9%、カナダドル9.1%、スウェーデンクローネ4.2%、スイスフラン3.6%となっており、ドルインデックスに占めるユーロの比重がもっとも大きいことがわかります。

したがってユーロドルの動きを探る場合には
ドルインデックスはかなり有効な指標ということができるのです。

現在、市場で一日の取引量が一番多い通貨ペアはユーロドル、2番目がドル円、3番目がポンドドルです。
一方、FRBがまとめているドルインデックスの26通貨構成の中には、中国元が入っています。

主な通貨構成は以下となります。ユーロ16.22%、日本円7.552%、カナダドル12.618%、メキシコペソ11.67%、中国元20.81%、英国ポンド 3.393といった具合で中国元の比率が一番高くなっています。

またFRBやBISが指数の動きの更新・公表を1日1回行っていますが、ICEのインデックスは、リアルタイムで更新・公表されているため、為替取引にはICE発表のものが非常に使いやすくなっているのです。

ただ、8月11日に突如断行された中国人民銀行の人民元切り下げ以降のドルの動きを見るのであればFRBが発表しているドルインデックスも参考になる状況です。

今後年末にかけてはドル主体で相場が展開することが予想されるだけにドルストレートで売買を考えているトレーダーはドルインデックスに注目していくと売買指針が立てられやすい状況が続きそうです。

ドルインデックスが上伸する時期にはクロス円よりはドルストレートで売買したほうが利益が出しやすい状況になります。

残念ながらICEが発表しているドルインデックスは通常のFX業者のチャートなどには実装されていませんのでネットで調べてチェックすることが必要となりますが、Investing.comを利用すれば1分足までリアルタイムでチェックが可能となりますので、常に見続けていることが重要になります。

基本的には1時間足程度で大きな流れをつかむときに見ているのがお勧めとなります。

ドルインデックスは向米系のトレーダーやファンド、インターバンクなどがそろってチェックしているベースとなる指標であるだけに、その動きは非常に注目されており、これに合わせて売買をしているトレーダーも存在するほどです。

とくに最大取引量を誇るユーロドルの取引ではドルインデックスがかなり役立つ場面がありますので、
利用してみることをお勧めします。

なかなか国内の個人投資家には馴染みがない部分もありますが、毎日見続けていくとドルインデックスから相場観を作り出すことができるようになり、有効な指標であることが理解できるようになります。

ドルストレートを取引するときにはウォッチしておきたい指数です。

-海外FXコラム

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.