安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

これで比較!海外FX

【取引口座の種類で比較】海外FXの取引方法であるNDD方式について

更新日:

≪NDD方式とDD方式の違い≫

NDD方式・DD方式とは各FX業者における取引形態を区分する用語で、両者の違いは顧客から受けた注文の執行方式にあります。

この差を知らずに取引をしてしまうと約定値などに大幅な影響が出る可能性があり、時に大きな損失につながることもあるので必ず押さえておきたいポイントです。

最初に結論から言ってしまうと、NDD方式を採用しているFX業者を選ぶのが賢い選択です。
その理由をこれから詳しく解説していきたいと思います。

≪NDD方式では非常に透明性の高い取引が可能≫

NDD方式・DD方式の両者に共通する部分である“DD”とは『ディーリング・デスク(Dealing Desk)』の略で、NDDは(No Dealing Desk)つまり取引の間に業者の人間(ディーラー)が介在しないという意味を表します。

これにより何のメリットがあるのかというと、非常に透明性の高い取引が可能となります。

NDD方式とは逆の形態であるDD方式(国内に多い)を採用しているFX業者では、取引において人間(ディーラー)が介在します。

相対取引とも呼ばれる方式で、業者はまず顧客からの注文をインターバンクへ通す前に一旦決済します。これをFX業者の『呑み』と言います。

この『呑み』が何を意味するか・・・

それは

『顧客の利益はFX業者の損失に、顧客の損失はFX業者の利益になる。』

ということです。

たとえば、ドル高を予想して私がA証券でドルの買い注文を出した場合、A証券は私に対して同量分のドルを売ります。

しかしこの場合、予想通りドルの価格が上がり運良く利益が出たとすると、A証券にとってはそれがそのまま損失になってしまいます。

つまり、DD方式においては

『顧客とFX業者の利益関係は相反している』

と言えるのです。

単純な話、もしも顧客が利益を出し続けた場合FX業者は潰れてしまいます。
もちろん、それではビジネスにはならないので各業者はリスクヘッジの手段を取ります。

それこそが“ディーラー”の存在ということなります。

各業者はディーリング・デスクに凄腕のディーラーを配置し、このディーラーの裁量によって顧客へ提示する価格の決定をしたり、顧客同士の注文をぶつけ合うことで損失を相殺したり、カバー先の銀行や他の業者へ注文を流したりすることで利益を確保しようとします。

つまり、ディーラーの仕事は
『いかにして顧客に負けてもらうか』ということになります。

時としてストップ狩りや不当なレートずらし、不自然なスリッページなどが騒がれることもありますが、それらはこういった取引形態を採る業者で取引しているからこそ起こりうるのです。

全てはディーラーによる裁量に依存することとなるので、どうしてもDD方式の業者で取引を行うとなると不透明さを拭うことができません。

簡単に言えば、トレーダーは実は市場ではなくFX業者を相手に戦っているのと同じようなものです。

取引する額が大きくなればなるほど、それはディーラーにとって格好の対象となってしまうのです。

考えてみれば当然ですよね?
業者からすれば何としてでも顧客に損して欲しいわけですから・・・

そして悲しいことに、国内のFX業者のほとんどがこの方式を採用しています。

もしあなたが今現在DD方式の業者をお使いの場合、気付かぬところで損失を重ねてしまっている可能性も十分にあります。

これを機会に、NDD方式の業者を検討してみてはいかがでしょうか?
海外のFX業者であればNDD方式がもはや常識となりつつあります。

≪DD方式の落とし穴としてたばてぃんさんの例を挿入≫ ※ここは後ほど調べて入れます

≪ではNDD方式のFX業者はどこで利益を出しているのか≫

これは多くの方が気になる部分であると思いますが、NDD方式を採用しているFX業者の利益となるのは顧客が取引する際のスプレッド分のみです。

顧客がどんどん積極的に取引してくれればその分だけスプレッド分の利益が入ってくるので、顧客~FX業者の間には利益相反が起こり得ません。

海外業者においてボーナスシステムなどの仕組みが多いのはそういった理由もあるからなんですね。どんどん取引をしてもらうために工夫という位置づけです。

国内業者の中にはスキャルピングを推奨していないところもありますが、それはあまりにも高速で注文が来てしまうとディーラーの処理が追いつかずに不利益を被ってしまうおそれがあるからでしょう。

逆にNDD方式の海外業者においてはむしろスキャルピング大歓迎です。

とにかく多い回数の取引をしてもらいたいという背景があるので、
そこに『不正を働いてやろう』などという意図は存在し得ないのです。

それがNDD方式において“透明性”を維持できる最もたる理由です。

利益の源がスプレッドにある以上、NDD方式の業者ではスプレッドがDD方式の業者に比べ若干広い傾向にあります。

もっとも、最近では比較的低スプレッドを謳うNDD方式の業者も増えてきていますし、不透明なブラックボックスの中で取引をさせられるリスクを考えればNDD方式を利用するのは選択肢として十分にアリでしょう。

≪NDD方式におけるECN/STPについて≫

より厳密に言うと、大まかな取引形態としてのNDD方式がまず存在し、さらにその中にECNとSTPという2つの仕組みがあります。

ここでは詳しくそれらの説明をしていきます。

・ECNについて

ECNとは(Electronic Communications Network) の略です。

電子商取引を指す方式で、そこには物理的な取引所の存在は無く、コンピューターの画面上において投資家や銀行など多くの参加者が注文を出し合うことでそれらがマッチングする仕組みです。

株取引をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
各々が発注すれば、そららの注文は株取引のように“板情報”として追加されます。

そこに掲示された注文を見た他の投資家が注文を出し、
互いの注文価格がぴったりと一致したところで売買が成立するという仕組みです。

つまりECNは株式市場のように全ての注文を板情報(気配値)として確認することができる点で非常に公正かつ透明性の高い方式となります。

お互いに出し合った注文を参加者の中においてマッチングする方式である以上、約定拒否といった“リクオート”の概念がありません。

とにかく透明性を重視する投資家にとっては有利な環境で取引できると言えるでしょう。

ちなみにECNはスプレッド自体は比較的狭いですが、市場における公正な価格を実現するための取引手数料が外付けとして徴収されるのが一般的です。

・STPについて

STPは(Straight Through Processing)の略で、顧客から受けた注文を直接他のFX業者や銀行などのカバー先へ流す方式です。

厳密にはディーラーが存在するということになりますが、複数のカバー先から提供される最も適正な価格を顧客に対し提供してくれる点で非常に有利となります。

手数料としては、カバー先から受けたレートに対し上乗せされた分が計上されます。

・どちらが良いのか

結論から言ってしまえば、ECNとSTPのどちらが良いとハッキリ断言することはできません。
取引スタイルによって異なります。

透明性という点では居た情報や気配値などがわかるECNに軍配が上がります。
STPではカバー先の銀行やブローカーがどれだけいるかわからない以上やや劣ります。

もっとも、透明性を守るための外付け手数料がかかってしまうECNに対してSTPは手数料がかからないところがほとんどで、そういった点ではSTPに軍配が上がります。

また、最小取引通貨量や最小入金額がECNはSTPに比べて高めに設定されいることも多いので、やや中~上級者向けの性格を帯びていると言えます。初心者が板情報や気配値などを存分に活かすのは至難の業ですしね。

自分のレベルや性格によって選んでしまって良いと思います。
それぞれのメリットやデメリットを考えた上で好みに合う方を選びましょう。

最近ではECN、STP両方の方式を用意している業者も増えてきているので、
色々試してみると良いです。

≪今後はNDD方式がスタンダードに≫

以上、NDD方式に関する説明をしてきましたが、
結論として当サイトではNDD方式の業者利用を強くおすすめします。

実際の事例として紹介させていただいた『たばてぃん』さんの件でもわかるように、相対取引であるDD方式の業者において取引をする以上、いつどんな不当な扱いを受けるかわかりません。

市場がパニックになればなるほど思わぬ損失を出してしまう可能性がありますし、
取引金額が大きくなればその分だけ狙われやすくなるのも事実です。

私たちが戦わなければならないのはあくまでマーケットです。
目の前のFX業者ではありません。

そういった意味でも、透明性・公正性の高いNDD方式は
自分の資産を増やし、そして守るためには最適な選択肢です。

顧客の損益が直接自身には関係無いという点で、NDD方式を採用する業者は顧客に対しても非常に丁寧できめ細かなサポートを行ってくれる傾向にあります。

DD方式の業者とは違い、顧客がどんどん買って積極的に取引を行ってくれることを期待するのですから当然でしょう。

『顧客の利益を望む業者』と『顧客の損失を臨む業者』
よくよく考えればどちらを選びたくなるかは明らかですよね?

国内でも一部、NDD方式の採用を検討している業者が出始めていたりと、今後NDD方式が取引におけるスタンダードとなるのは間違いないでしょう。

≪当サイトおすすめ!NDD方式を採用している海外FX業者≫

-これで比較!海外FX

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.