安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

資金管理

証拠金の管理の仕方について

更新日:

証拠金についてはトレーダーによって様々な管理の仕方があるようです。

トレードで増えた証拠金はそのまま運用して短期間で拡大再生産を狙うといったやりかたもありますが、初心者の場合にはやはり常に決められた条件で売買する習慣をつけておくことが必要になります。

なれるまでは常に決まった証拠金で運用することが重要

儲かって利益が増えていった場合には常に一定額の証拠金になるように
一旦出金して管理していくことが重要になります。

確かに利益額を足してさらに拡大再生産的に売買するほうが短期での利益を出しやすくなることは間違いないのですが、実は自分の証拠金でいくらまでポジションがもてるのかをしっかり掌握することがもっとも重要なことになるのです。

これが証拠金管理の基本となります。

そしてポジションを作って証拠金額の5%を越える含み損を出したら必ず損切りをして不必要に証拠金を減らさないという努力をしていくことが重要になります。

自分の証拠金でいくらまで売買できるのかを掌握することが重要

たとえばドル円の売買を例にとってみますと10万円の証拠金があったときに1000通貨単位で売買すればポジションを利用するために必要な証拠金は5000円ほどになります。

この1枚のドル円は最近ではほぼ1日に80銭程度動くことになりますので最悪もっとも高いところで購入して価格が下がり、しかも損切りをしなかった場合には800円の損失が出る可能性があるのです。

10万円で最大損失として許容できるのは5%が上限となりますから5000円までは損失をかかえてもいい勘定になりますので、この計算でいえば損切りをしないことを前提にすれば1000通貨単位6枚、つまり6000通貨ペア、4800円までは10万円で売買することが可能となるのです。

しかしそれを超えた枚数を持ち始めるともっと早めに損切りをしませんと証拠金の5%を超えてしまう勘定になるというわけです。

こうした管理方法は1万通貨でも同様

仮に1万通貨で同様の管理を行った場合にはドル円で1日80銭動くとすると8000円の損失になりますから、
ドル円1万通貨を売買するためには最低16万円の証拠金をもっていれば安心ということになります。

したがって50万の証拠金で売買するならせいぜい3万通貨までで売買するのが安心ということになります。
これは通貨ペアによってかなりことなることになります。

ユーロドルの場合はさらにシビア

ユーロドルはなにもなくても1日に100PIPS近く動くことになりますから1万通貨ですと放置しておけば1万4000円以上の損害が出る可能性があります。

仮にこの1万4000円が証拠金全体の5%の損失に納まるためには、
1万通貨で28万円の証拠金が必要になってきます。

したがって50万円の証拠金ですと1万7000通貨ペア以上購入してしまうと早めに損切りをしないかぎり損失は5%を超えてしまうことになると言うわけです。

なぜ最大の損失可能額を5%に納めるかといえば1日にドル円の80銭やユーロドルの100PIPSというのは行って戻ってくることもあるからで、まったく損切りをしなくてもこれだけ余裕をもって売買していれば証拠金不足には陥らなくて済む勘定になるからです。

そのぐらい幅広い枠組みでロスカットを考えておけば、結構柔軟に売買ができるようになるというわけです。

このような計算方法を身につけておけばどんな通貨ペアであってもいくらまでポジションをもてるかがすぐに理解できて非常に安全な取引が可能になるのです。

もちろん損切りをしないで放置しておくことをお勧めしているわけではありませんが、
プロアクティブにトレードする個人投資家はこんな視点で証拠金管理をしているのです。

通常は証拠金維持率をにらみながら多くのボリュームで取引しているトレーダーお多いことと思いますが、こうした適性な売買ボリュームを常に意識しながらトレードしていくおとが失敗のないトレードにつながってくるのです。

儲けているトレーダーはこうした証拠金管理は当たり前のように行っていますので、
それを真似られるようにすることが大切なのです。

-資金管理

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.