安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

テクニカル分析

チャートの期間設定の重要ポイント

更新日:

チャートには様々な期間設定があり、多くのFX業者ではプリセットされた期間で使うようにできているため、ほとんどのトレーダーはそのまま利用しているケースも多いことと思われます。

しかし現実にはFXに適した期間設定というものがあり、
多くの投資ファンドなどはそれを自分たちで研究しながら設定しているのです。

したがって、個人のトレーダーもすべてのチャートに詳しくなるよりは特定のチャートを選択していろいろパラメータをいじって自分にとってのベストを作り出していく努力をしてみるのがお勧めとなります。

エンベロープの項目でもご紹介しましたが、最近のファンドの利用実態でいいますと、移動平均というのはFXなら13日、米国株ならば18日が非常にワークしやすくなっているようで、それぞれの相場ごとにこうした日数設定の妙味が登場しつつあります。

これは実際にファンド勢がつかってみて利益がでやすくなる設定だそうで、
かなり注目されはじめている日数設定です。

これまで13日というのはあまり登場したことがないだけに違和感がありますが実際に使ってみると
たしかに再現性の高い日数設定といえます。

これまでは5日、25日、90日、120日、200日といった設定を利用することが多かったと思いますが、とくにデイトレ以下の短い期間で売買を行うことを主体とされている方は、13日といった比較的短期間での売買動向がわかるものを利用していくのがお勧めとなるようです。

ドル円に関するスキャルピング、デイトレレベルでいいますと、通常はプラスマイナス1%のラインに相場が到達した場合、さらに大きく動いてもプラスマイナス2%ラインに到達したところでポジションをつくり逆張りで臨むことで利益がでるようになっているようです。

官製相場で下押ししないだけに、
こうした特別な日にち設定も役に立つものとなっているようです。

この13日というのも諸説あるようですが、1ヵ月でいいますと前半と後半は動きが変わることが多いため25日などという形にしてしまいますと、トレンドを移動平均がしっかり織り込まずにマイルドな平均になってしまうこともあるようで、こうした比較的短い期間を利用した売買が流行ってきているようです。

ただし、こうしたチャートというのはどれが正解でどれが不正解ということはありませんので、あくまでもトレーダー自身が自己判断で分析してそれにもとづいて売買した結果利益がでればまったく真似る必要もありませんし、さらにモディファイして利用しても構わないものなのです。

相場の取引手法というのは、誰かがやってみてうまくいったものを教わっても
なかなか同じように利益をあげられないものが殆どです。

ですから同じツールをつかっても自分で最大限うまく利用できるように
改良していくことが重要になってくるのです。

自分で調整してみてうまく取引ができた期間設定については、
必ずノートに書き記したりしてどのようにうまくいったのかを残しておくことが有効です。

一度うまくいった取引はかならず再現できるようにしておくことが成功の秘訣といえるのです。

FXの世界では絶対ということはありませんので、ほかの人にとっては利用しにくくても自分で利用して結果を出せるのであればそれを利用してさらに磨きをかけていくことが大切です。

うまく取引ができて儲かるようになった人たちは
必ずそうした鉄板の売買手法というものをいくつも身につけているものです。

これはFXトレーダーとして成長していくためにも
非常に重要な要素となることは言うまでもありません。

逆に人が使ってうまく儲けられたというものでも、自分で使ってみて
それなりの感触をつかめないのであれば、無理をして使う必要はないと言えます。

とにかく結果のでないものについては
どれだけ巷で評判になってもそれを使い続けることはないのです。

-テクニカル分析

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.