安全にハイリターンを狙えるオススメ海外FX業者・口座

海外FXの鉄人

テクニカル分析

2つの性質を持つMACDの使い方

投稿日:

MACDは国内の個人投資家には非常に馴染みの深いチャートであり、ほぼ殆どの国内FX業者はトレーディングプラットフォームに実装しているテクニカルチャートとなっています。

MACDの特徴について

MACDでは上の図のように2本の移動平均線を用いています。

1本はMACDでもう1本はそれを単純移動平均化したシグナルを用いており、
相場の周期とタイミングを捉える指標となります。

MACDの傾きからトレンドの方向性を確認することも可能です。通常のオシレーター系に比べますとMACDはダマシが少ないため、国内の個人投資家にも人気のテクニカル指標となっており利用者が多くなっています。

この2本の移動平均線のうち、期間の短いほうの指数平滑移動平均を短期平均、期間の長い指数平滑移動平均を長期平均といいますが、短期平均の値から長期平均の値を引いた差こそがMACD(またはMACDライン)と呼ばれるものなのです。

そしてこれがこの指標の基本線になります。

さらに、このMACDの値を一定期間分単純平均したものが
シグナル(またはMACDシグナル)と呼ばれています。

一般的には、MACD(ライン)とシグナルの推移を別にグラフ化して、その位置関係に注目してトレンドを把握するために用いられています。

MACDの見方

為替相場が一定のトレンドを形成しながら上昇あるいは下降していく時、それに追随してまず短期の移動平均線が動くことになり、さらに遅れて長期の移動平均線が動きだします。

この際、両線の反応の違いから価格差が生じることになります。

この移動平均線に生じる乖離をベースにして、上昇トレンドの初期から中盤段階では、ゼロ付近かそれ以下のレベルから急速に上昇し、プラスの圏内で推移することになります。

また下降トレンドの初期から中盤段階では、ゼロ付近ないしそれ以上のレベルから
急速に下落してマイナス圏内で推移することになるのです。

すなわちMACDがプラス圏内だと上昇トレンドで、
マイナス圏内だと下降トレンドという見方ができるのです。

一方、相場が転換する場合は、短期の移動平均線は横ばい状態か反転するのに対し、長期の移動平均線はそれまでのトレンドを継続していくことになるため、急速に価格差が縮小して、MACDの値がゼロに近づいていくことになります。

MACDの天井圏、底値圏はトレンド反転の早期のサインとみることが可能になるのです。

MACDにおける売買サインは、MACDとシグナル線のクロス、MACDとゼロラインのクロス、MACDやシグナル線の方向の転換などが目印となります。

また以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安にもなってくるのです。

また、0ラインの前後で反転することも多いのが特徴です。為替相場に大きなトレンドが発生しているにも係わらずMACDが相場の流れと逆行した場合は、相場が天底に近いことを示唆しています。

たとえば相場が下降しているのにMACDが上昇し始めた場合は、
近い将来相場が底を打つ可能性を示しているのです。

このようにMACDひとつとってもかなり様々な情報とシグナルを得ることができるのです。

MACDの利用方法

MACDを利用して買いサインや売りサインを受け取ることができます。

まず、買いサインについては先行するMACDが遅行する同平均(SIGNAL)を
下から上に抜いた時が明確な買いサインとなります。

またこのあとに2本のMACDがともにゼロのラインを上回れば、
その買いサインの信頼度はさらに増すことになるのです。

逆に売りサインに関しては、買いサインとは反対に先行するMACDが遅行する同平均を
上から下に抜いたときに売りサインが点灯することになります。

このあとに2本のMACDがともにゼロラインを下回れば売りサインの信頼度は高まることになるというわけです。

これは移動平均線やストキャスティクスなどの見方と同じで
遅行線を先行線がクロスする瞬間を見抜くだけでいいということになります。

遅行線を先行線が上抜けばゴールデンクロス、
遅行線を線行線が下抜けばデッドクロスと見るわけです。

ゴールデンクロスは買いシグナルであり、
デッドクロスは売りシグナルとなるわけです。

MACDはトレンド系かオシレーター系か?

MACDはオシレーター系として評価されることも多くなっていますが、MACDは移動平均線を利用しており、しかも直近のデータに価値を置く指数平滑移動平均を利用していることが大きな特徴となっており、単純な移動平均よりも早く買いや売りのシグナルがでることが特徴となっています。

2本のラインだけ見ていますとオシレーター系のように見えますが、基本はこの平均をとる期間の違う移動平均をベースにした指標ですから、よりトレンド系のツールであることがわかります。

MACDの注意点

MACDは通常のオシレーター系に比べるとかなりの使い勝手がありますが、
それでもMACDにはいくつかの欠点があります。

具体的なポイントとしては、相場がじり高、じり安のトレンドが続いているような場合に、一時的に下向きの動きになってもゼロまで下がらずにプラス圏内で横ばいになってしまったり、一時的に上向きになってもゼロまで上がらずにマイナス圏内で横ばいになってしまったりといった動きをすることがあります。

MACDがプラス圏内では、為替相場は上昇トレンドであり、マイナス圏内では下降トレンドなので、通貨ペアの相場が高値または安値を更新した場合は、MACDの示唆よりも実際のトレンドを優先させて売買した方がよい場合もでてくるのです。

このあたりは毎日使いこなすことで騙しに合わない訓練をしていくことが必要になりそうです。

-テクニカル分析

Copyright© 海外FXの鉄人 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.